大東亜戦争とは? 其の4 [東亜新秩序]

熱烈に共産主義を信奉する尾崎秀実は、レーニンの敗戦革命論を共有してをり、第二次世界大戦は、その「戦争に破れ或いは疲弊した側から初めて多くの社会主義国家を生む」(1942年2月14日訊問)と考へ、だから第二次世界大戦を助長 […]

占領憲法無効: 帝國憲法第75条違反

GHQコミンテルンによる占領下だから陛下にあられる統治権が通常では無い状態であり、そのやうな状態となれば摂政が置かれる。 帝國憲法では75条に明記がある。 下記のページの占領憲法無効理由4について考察する。 占領憲法無効 […]

サラエボ事件とは?

1914年、6/28、オーストリア皇太子夫妻が暗殺された。第一次世界大戦の発端となった有名な事件である。 多くの高校の教科書は、犯人は、セルビアの民族主義者の一青年としてゐるが、これは歴史偽造であり、真実は、三人の犯人は […]

憲法論2

八月革命説は、流石に論理破綻してるので、現在においてはあまり云ふ人はゐなくなった。現在ソ連製占領基本法(日本國憲法)を有効(我が國の憲法典)だと豪語する輩の理由は、「法的には無効であっても、政治的には暴論だ。戦後ずっと使 […]

大東亜戦争とは? 其の1

先に日独伊三国同盟について少しだけ触れておく。 日独伊三国同盟とは。 日独伊三国同盟が「反英米」なのは明白だが、問題は、それが「反英米 + 親ソ」なのか、「反英米 + 反ソ」なのか、はっきりしない事にあった。 1939年 […]

八月革命説とは

ポツダム宣言受諾により革命が完成したとした売国奴宮沢俊義による八月革命説は当然論理破綻である。 革命とは国家の主権の発動によるものであるので、国家に主権の無い被占領下で革命等起こせ得ない。そもそも彼(宮沢俊義)は、当初は […]

憲法論1

日本国憲法は、占領基本法であり、憲法典としては無効である。よって、不文憲法(歴史伝統慣習)を文字化した大日本帝國憲法、明治皇室典範が有効である。これが法理論に基づく事実である。 占領憲法無効理由 無効理由が沢山書かれてあ […]