礼楽 ~ 伊藤仁斎と荻生徂徠 その四 ~

 伊藤仁斎の「語孟二書」に対して荻生徂徠は、「六経」を重視した。後の反徂徠の儒家達は、この「徂徠の学」を「内」を軽んじて「外」を重視する「功利」の学として非難した。前回の記事でも少し触れた事である。 「理、性、命」と荻生 […]

偽装右翼と転向右翼

 昨今、あいつは偽装右翼、等と左翼を暴かうとの如く動きも見得る。「偽装右翼」をそのまゝ解せば、「革命を計画する左翼が、右翼を偽装する」となる。方や、「転向右翼」と表現せる事もある。しかし「転向右翼」をそのまゝ解せば、「革 […]

『正統典憲論』支持 ~ 占領基本法無効論 ~

先に、日本国憲法無効論の流派である、『旧無効論、失効論』、『真正護憲論(講和條約説、新無効論)』、『正統典憲論』のいづれも、伊藤博文著『憲法義解』で説明されてゐる以下については、共通してゐる事を述べておく。 『憲法は紛更 […]

二段階革命論 ~労農者の意識~

以前「レーニンの敗戦革命論」については記事を書いた。 大東亜戦争とは? 其の2 [レーニンの敗戦革命論] ここでは、「二段階革命論」をテーマにする。  私がまづ申し上げたい事は、共産革命を企む者が、皆初めから「プロレタリ […]